プロフィール
株式会社レイザス企業開発研究所
株式会社レイザス企業開発研究所
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 9人

2009年12月20日

ソーシャルビジネスモデルTravel Cafe とは・・

現在、私は一つのSocial Business Modelへの取り組みをしています。 「Travel Cafe 」です。

経済発展途上国・低開発国の貧困に対して各種支援活動が行われています。政府レベルでの援助、ボランティア団体の支援、等です 。企業レベルでもCSR(Corporate Social Responsibility)活動が拡大しています。これら支援の性格を見ますと寄付的・贈与的なものが主流となっています。これら性格の支援は非常に重要です、その一方で持続可能な支援手法の必要性が強く叫ばれています。自らがビジネスを行い、その活動過程及び利益によって支援を持続的に展開する、いわゆるSocial  Business(社会貢献ビジネス)展開による支援が非常に期待されています。私のは貧困解消に貢献する一つの新しいSocial  Business  Model  Travel Cafeの開発・導入とチェーン化のための計画策定に取り組んでいます。取り組み対象地は中国雲南省です。雲南省の省都昆明を離れると貧しい地域が広がっています。隣の四川省、貴陽省も省都を離れると全く同じ状況です。現在中国は年間10%の経済成長をしていますが、所得の格差は広がるばかりです。雲南省はベトナム、ラオス、ミャンマー、インドなどに接しています。これらの国々も同じく貧しい地域が広がっています。雲南省は、上海を中国の東の玄関口とすれば、西の玄関口です。私はこの地理的性格を持つ雲南省で貧困解消に貢献するビジネスはないか常に考えてきました。私は中国の観光資源の豊富さに驚きました。雲南省を見ても世界遺産に登録された場所が幾つもあります。それ以外にも多くの観光資源があります。その時、観光にスポットを合わせた、貧困解消に貢献するSocial Businessがきっとあると確信しました。その間に、ある一つの貧困解消に貢献するSocial  Businessが形作られてきました。それがTravel  cafeです。Travel  Cafeのビジネスコンセプトを考える上で重要となる、貧困解消に貢献する視点はどういうものかをまず明確にする必要があります。私は次のように考えています。
   1.地域の発展に貢献すること。
     観光ビジネスを通して、広く知らしめ、地域に社会的・経済的貢献をすること。
   2.地域の特産物の販路拡大により産業を育成することに貢献すること。
     Travel  Cafe でのフェアトレードの展開。
   3.地域雇用の拡大に貢献すること。
     貧困地域の人々に職を提供し、人材づくりをすること。
   4.利益は地域の学校教育と人間的発展及び企業・産業育成に使用されること。
     奨学金等を通して人づくりを体系的に(小学校から大学院(海外留学も含め))実施する。また、マイクロファイナンス的支援を実施する。
   5  Travel  Cafeのミッションに賛同する支援者の組織化・ネットワーク作りとその人達による貢献。

 現在、私はTravel  Cafeのめざす姿を構想しています。Travel  Cafeは日本と雲南省に同時設置する。商品サービスとして、1旅行ビジネス、2情報提供サービス3喫茶サービス4. 物販、の商品部門構成、場所としての店舗政策、これらの他、立地戦略、価格・広告宣伝政策を含めたマーケッティング戦略の詳細な検討をしています。さらに、日本と中国をまたがるビジネスのため、その経営管理体制、組織・コミュニケーション戦略、情報戦略、人の採用・教育訓練等の人事戦略、資金はどうするのか等の財務戦略、等をチェーン化も念頭において検討しています。
今後グローバルレベルで必要とされる社会
に貢献するソーシャルエンタープライズ、その一つのニューモデルとしてのTravel  Cafe実現化を目指しています。  

Posted by 株式会社レイザス企業開発研究所 at 14:45Comments(49)