プロフィール
株式会社レイザス企業開発研究所
株式会社レイザス企業開発研究所
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 9人

2009年10月20日

貧困地域に貢献するpeepoo bag・・・・

全世界の40%にあたる約26億人の人々がトイレを使用出来ないでいる。そのため、いろいろの場所にするため生活環境が非常に悪い状態にある。その地域では水汚染により15秒に1人が死亡している。この社会課題解決に向けて商品化されたのが人間の排泄物を肥料に変えるPEEPOO BAGである。SWEDENのPEEPOOPLE社がトイレを持たない人々のために、個人用で、ポータブルかつローコストの簡易便器として開発した。このBAGは14X38cmのサイズで、排出物が汚染しないような多層構造になっている一回限りのバイオプラスティックバッグである。座る、かがむ、立つのポーズで使用できるようになっている。使用されたバッグは24時間防臭され、土地の中に埋めることが出来る。2-4週間後、その排出物は高品質の肥料に変わる。そして、貧しい地域の住民にとっては販売すれば個人或いは村の一つの収入源にもなる。現在、インドとケニアでテストマーケッティングが行われている。PEEPOO BAGは貧しい多くの国々の人々にとって生命の危機を低くする、直ぐにも有効な商品である。フランスのダノンによる貧困国向けのヨーグルト、マラリア地域への蚊等の虫よけネット、それからこのPEEPOO BAG、など貧困地域に貢献する社会課題解決型商品、いわゆるSOCIAL GOODS がグローバルレベルで出始めている。最近注目されているSOCIAL BUSINESS、それに関連したSOCIAL GOODS市場はポーテンシャルある市場となろう。(www.peepoole.com参照)  

Posted by 株式会社レイザス企業開発研究所 at 01:21Comments(58)