プロフィール
株式会社レイザス企業開発研究所
株式会社レイザス企業開発研究所
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 9人

2006年07月30日

Edible Arranementsのビジネスモデルとは・・

アメリカニュージャージー州のHamdenに、生け花のようにいろいろの新鮮な果物を芸術的にアレンジしたバスケットを販売するEdible Arrangementsの第一号店が1998年にオープンし、それ以来大きな話題を提供し店舗数を拡大している。「floral beauty Berries、新しく両親となった人へのプレゼントとして最適なBerry Special Baby、誕生日や記念パーティーなど向けのDelicious PartyやDelicious Celebrations、チョコレート好きの人への11種類のチョコレートソースを使ったBerry Chocolate Bouquet、フッジの好きな人へのDelicious Fudge Delight、イチゴ好きの人のためのイチゴだけのBerry Bouquet、デイジーの花が咲いたBlooming Daisies、の9種類である。これらはイチゴ、パイナップル、カンタループ、メロン、グレープ、季節の果物をメインに、デイジーなどの季節の花々、何種類ものデザートソース、目的別に応じた各種入れ物や飾り、グリーティングタグ、お客様のメッセージレター等で目的に応じて作り上げられる。誕生日祝、卒業祝、快気祝、クリスマス、バレンタイン、父の日、ビジネス用の各種イベント、などにプレゼント用として主に販売される。価格はUS$30-180である。購入の仕方は、まずお客様が無料電話、web site、或いはe-mailで注文をする。お客様は9つの標準品の中から選ぶかお客様だけのオーターメイドを作るか選択する。オーダーメイドの場合、目的を話し、希望のスタイル、サイズ、価格を言う。それに従って店が幾つかのbouquetsの提案をする。それを受けて、店はお客様の心で一杯に満たされたユニ−クで心に鮮明に残るようなbouquetを30分で作り上げる。そして、製作後一時間以内にお客様が送られる人のもとに送り届けられる。冷蔵庫に入れておくと48時間は新鮮なままで維持される。お客様の1/3は店に取りに来られ、2/3は配達である。この配達サービスは非常に評価されている。このビジネスシステムは花のデリバリービジネスと類似しているが、違う点はEdible Arrangementsはお客様が食べることが出来るユニークで、美味しくて、健康的で、新鮮に保存されたギフトブーケットであることである。Edible Arrangementsは次の3つの方針をもとに美味しいフルーツが送り届けられる。その日に収穫された果物を使用する、オーダーメイドで一時間以内に送り届けられる、冷蔵で保存され新鮮さを保ち綺麗にギフトラッピングされることである。
アメリカ人は新鮮なフルーツを非常に好み、アメリカ農林省、癌研究所であるAICR等は政策的にフルーツを食べることを進めており、消費者のフルーツ志向は大きくなる傾向にある。年間3%の市場拡大をしており、アメリカ人一人当たりのフルーツ消費量は103パウンドである。これを反映するかのようにアメリカではスペシャルフードストアが大きく伸びてきており、その市場規模はUS$11billionである。一方、アメリカではギフト市場は巨大でUS$55billion以上の規模である。このことを考えるとEdible Arrangementsの市場ポーテンシャルは非常に大きいと考えられる。これを背景として、Edible Arrangementsの店舗は拡大しており、現在全米で21店舗、カナダに1店舗、今年9店舗がオープンする予定で成長期初期の段階に入った。標準店舗は面積で2600s.f.、人員は2人の営業、3人の製作者の計5人である。一日注文数は平均25bouquets、バレンタイン等の日などは一日200前後の注文がある。売上高は年間US$200,000-500,000である。2000年よりフランチャイズ展開を開始し、ここ数年は年間10-20フランチャイズ店舗の出店が計画されている。長期的には人口30万人前後を一テリトリーとして3店舗出店として全米で3000店舗の出店を目指している。海外はカナダから始め、3年後には積極的に展開する計画である。このEdible Arrangementsのビジネスモデルは世界で初めてであり、あらゆる国の人々に受け入れられるモデルと考えられる。

  

Posted by 株式会社レイザス企業開発研究所 at 15:25Comments(0)・・・

2006年07月18日

ユニークなBAR、CANとは・・・・

世界各国の代表的ビールが飲める一風変わったBARがロンドンのLong Laneにあります。店舗コンセプトは外観も内装もビール缶をイメージし、この雰囲気の中で世界中のビール缶を楽しんでもらうことです。設計はロンドン出身の芸術家が担当しました。イギリスでは飲むビールの容器はジョッキかビンです。その中にあって缶ビールを提供するところはロンドンでこのBARのみであるということで話題になっています。またこのBARには非常にユニークなことが一つあります。それは、お客様が缶ビールを楽しく飲んだ後、店内にニョキと立っている4本のパイプの穴のどこかにポンと落とすだけで空き缶は地下に落ちそこでリサイクルされる仕組みがなされていることです。人々の関心が高い環境問題に対応するリサイクルシステムを組み込み、世界中から入手し易い缶ビールにホーカスしたCANはユニークなビジネスアイデアでしょう。

  

Posted by 株式会社レイザス企業開発研究所 at 13:36Comments(0)・・・

2006年07月10日

非常に人気を呼んでいる、カップルに的を絞った2 MAGAZI

カップルに的を絞った2 magazineが2004年3月canadaで発売され、カップルの間では非常に人気を集めています。カップルというニッチ市場に的を絞り、カップルライフに関する情報を総合的に提供するマガジンとしては2 magazineが世界最初です。都市に住む25-34才までのカップルをターゲットとし、彼らの関係、ファッション、家、お金、レジャー、健康、仕事、セックス、などの情報を提供し、最高のカップルライフを過ごせるよう手助けをすることをミッションとしています。2 magazineの内容構成は特集、コラム、リビュー、アドバイス、バックログ、コンテストの6部構成となっています。年4回発売で年間価格はUS$14.95、発刊後6ヶ月で読者数1万人で速いペースで拡大しています。市場はCANADAとUSAで同棲カップルを含めて1500万人と推定され市場性は大きい。カップル向けの商品、サービスを広告したいという需要も非常に多い。アメリカ版につづき、ヨーロッパ版、アジア版のビジネスチャンスも可能性大です。  

Posted by 株式会社レイザス企業開発研究所 at 16:50Comments(1)・・・

2006年07月01日

ユニークで革新的インテリアビジネスモデルDESIGN WIT

世界的に有名な多くのデザイナーによるインテリア商品を手ごろな価格、短納期と満足いくカウンセリングサービスで、店舗、カタログ、インターネットの三位一体の販売によって急成長している非常にユニークな会社がDESIGN WITHIN REACH(DWR)です。DWRは良いデザインを通してアメリカのパブリック・プライベート空間の品質及び個性をグレードアップすることを目標に1999年Oakland.CAでデザイナーR.FORBESにより設立されました。
DWRのマーケッティングコンセプトは社名「DESIGN WITHIN REACH」が示す通り、デザイナー家具等を身近な場所で、簡単な方法で、手ごろな価格で早く入手して頂くことです。アメリカでは従来デザイナークラスの家具はインテリアデザイナーや建築家を通してショウルームより購入するのが通常です。取り扱っている商品は机・椅子などの家具、照明器具、カーペット、アクセサリー、などインテリア全般です。これら商品は全て世界的に有名なデザイナーによるハイレベルなものであり、そのコレクションのスケールには驚くべきものがあります。Mies van der Rhoe, Phillipe starckなど86人の世界的有名デザイナーの商品を汲まなく網羅しています。また、商品は他では手に入らないDWRオリジナル商品です。これら商品ラインの豊富に加え、商品在庫の豊富さと発送の早さには定評があり、オーダー後約1-2週間で受け取りが完了します。普通このクラスの商品はヨーロッパから直接送られてくるため納期は少なくとも通常3-5ヶ月必要です。
商品カタログは毎月新しく発行され、ウェブサイトでの商品紹介もモニターを通して詳細に確かめることができます。店舗で直接商品の確認も出来、よく訓練された商品知識の豊富なスタッフがお客に対応しています。各店舗はその地域のデザイン情報発信拠点としても重要な役割を果たし、出店地を選定する場合そのロケーションと建物の歴史的背景等にこだわり、その店舗はそれら文化性を最大限利用したユニークなギャラリーショウルームとなっています。店舗は購入プロセスから考えてお客様が購入しやすいように上手にレイアウト・デザインされた店舗面積約3000sqfの店舗となっています。玄関周りでの展示・紹介コーナー、店内の照明レイアウト、寝室・書斎・風呂等のスペース別に商品を選択する展示キーエリア、デザイナーの紹介、ギャラリー的な商談スペースなどが効果的に店内レイアウト・デザインされています。グットデザインに敏感でスペースにこだわるライフスタイルを追求している人にとってはまさに気楽にトータルショッピングと情報収集ができるとっておきのワンストップショップです。1999年のオープンから現在までに取り扱った商業顧客の件数は30000件を超え、いかにプロフェショナルにもよく利用されているかが明らかです。個人客、商業客も利用できるアメリカでは珍しいユニークなビジネスです。
現在店舗数は西海岸そして東海岸へと広がり合計13店舗あり、近々数店舗がオープンします。DWRは今後とも大きく伸びる可能性あるビジネスモデルでしょう。  

Posted by 株式会社レイザス企業開発研究所 at 15:41Comments(0)・・・