プロフィール
株式会社レイザス企業開発研究所
株式会社レイザス企業開発研究所
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 9人

2006年04月24日

フランチャイズで急成長している1-800-got-junkと

ENTREPRENEUR OF THE YEARなど多くの賞を獲得し、フランチャイズ展開により急成長を続けているjunk removal service会社が1-800-GOT-JUNKです。1989年にカナダのVANCOUVERでB.Scudmoreにより創設され、現在全米133テリトリーのフランチャイジーを持ち、年商US$13millionsの全米NO.1junk removal service会社に成長しました。
環境規制が毎年厳しくなり、市などの公共removal serviceによる扱い範囲が制限されるなど、受け取ってもらえないjunkが増大しそれらの処分に対するニーズが増大しています。このニーズに革新的に対応し、junk removalに対する人々のイメージを大きく変えることに成功しました。コーポレートカラーをブルーとし、トラックの色、シンボルとしてのブルーのアフロカツラ、社員はネイビースラックス、tucked inのロゴマークの入ったローヤルブルーのゴルフシャツ、ベースボールキャップ、ベルト、ブーツで服装されクリーンなイメージを前面に出しています。このようなイメージでブランド化に成功したのは1-800-GOT-JUNKが当業界で初めてです。GOT-JUNKの成功の要因はこのブランド化成功と中央集権型のCALL CENTERとJUNKNETの導入です。このCALL CENTERはお客様の注文対応、お客様に一番近い所にいるトラックを配車するなどの営業指示、フランチャイジーの管理業務、などを一手に引き受けます。フランチャイジーは一日の仕事内容をJUNKNETにより詳細に把握しそれにしたがって仕事をします。JUNKNETと各フランチャイジーの携帯電話は常時onlineされています。フランチャイジーはこのJUNKNETで売上高、効率的な配送ルート情報、なども瞬時に把握することができます。注文の仕組みはこうです。お客様はCALL CENTERと注文の話をします。CALL CENTERで指示されたフランチャイジーはお客様の所へ指定時間の30分前に到着しjunk removal内容を確認し見積もりし価格を決め、そしてお客様の希望どおり仕事を終えます、その後CALL CENTERはフォローアップしお客様の100%満足を確認します。一日平均のCALL数は2000です。お客様は個人からオフィス、不動産会社、ホテルなどいろいろ業者にまたがります。また、収集したjunkの60%はリサイクルされます。
フランチャイズ内容は、最初のテリトリーとしてのstartup feeがUS$18,000、その後1テリトリー増すごとにUS$9000、US$4500の400cubic feetのトラックはリースされます、ローヤリティは売上高の8%、CALL CENTERの維持費として7%の協力費が必要です。加盟すると教育、経営面など完全サポートされます。そして、1トラックにつき年間収入がUS$100,000が達成できない場合はフランチャイズfeeが100%返還される保証つきです。多くのフランチャイジーは複数のトラックでビジネスを展開しています。全体の稼動トラック数は75000台です。
1-800-GOT JUNKは2006年までに全米で250フランチャイズ、全体収入US$200millionsを達成する計画です。そして、ヨーロッパ、アジアへの展開を検討しています。

  

Posted by 株式会社レイザス企業開発研究所 at 17:46Comments(0)・・・

2006年04月15日

逆発想から生まれたサイトビジネスHAPPY NEWSとは・・

非常にユニークなインターネットサイトHAPPY NEWSがアメリカで人気を得ています。グローバル化の現代では、ニュースと言えばネガティブでセンセーショナルな記事であふれています。テロ、イラク戦争、鳥インフルエンザなど人々はこれらなどのニュースはできれば耳にしたくないと考える人は多いことでしょう。しかし、新聞やテレビに目をやればこれらネガティブニュースは嫌でも入ってくるでしょう。アメリカテキサスにあるPAGEWISE社はインターネット上で物事をどうやれば出来るかという小さなノウハウガイドを流す企業ですが、前述したネガティブニュースを相殺する意味からポジティブで明るい大小のニュースのみを流す新たなインターネットサイトを設立しました。例えば、イラクで米兵がテロで何人殺害されたニュースの代わりに何人の米兵が本国に帰還したとか、GMが3万人の従業員を解雇したニュースの代わりに彼らが近々再就職策で新たな就職先につく予定とかです。このサイトのニュースソースはプレス業界と150人の訓練を受けた市民ジャーナリスト達です。サイトには毎日40の記事がオンラインされ固定読者数は10万人を超えるようです。このHAPPY NEWS的なネットサイトは逆発想から生まれたニュービジネスモデルと言えるでしょう。  

Posted by 株式会社レイザス企業開発研究所 at 17:12Comments(0)・・・

2006年04月04日

旅行者ニーズ対応ビジネスSECURE BAGビジネスとは・・

旅行用トランクがこじ開けられる、傷がついたりへこんだり、など旅行用トランクの安全性に対する
旅行者のニーズが世界中で増大しています。イタリアのミラノにあるSecure Bag社が世界で最初に
このニーズに対応、巨大なラップでトランクなどの荷物を包み、大切に守るサービスを提供しています。
当社はイタリアを中心に海外を含めて約30の主要空港で当サービスを提供しています。
当社の創業者F.Tabioは空港で旅行者のバッグをある時観察していると、あるトランクは傷つき、ある
バッグは金具が壊れかけているのを見て、これらを保護するものがあればきっと多くの人が利用する
のではと考え、1991年の25才の時この新しいビジネスを開始しました。
このサービスはトランクなど各種荷物を30秒でラップ包装し、荷物の中の盗難、トランクの傷・へこみ、
鍵壊れ、雨などの濡れ、などを防ぐサービスです。これらのの内ひとつでも事故がおきると、海外旅行
の場合$1200、国内旅行の場合$650まで保障されます。荷物一つにつき値段は1万リラ(約500円)です。
ラッピングの機械は当社の20年の経験をベースに作られた当社独自開発の機械です。現行機械は
第4世代の機械である。当社のサービスはどこにも真似できないシステムを持っています。国内外の機械
がすべてインターネット・オンラインで結ばれており、5人のオペレーターが常時監視しており、何時どこで
問題が起きても瞬時に対応が取れるようになっています。そのため、お客様の評価は非常に良い。
お客様の利用度は良く、夏場のピーク時にはイタリア・マルペンサ空港では一日2000件の利用がありました。
当社はイタリアからヨーロッパ、南北アメリカと事業拡大を積極的に図っています。そして、海外展開の
場合はその国のパートナーと会社を作り、その会社にすべての業務を委託しています。現在パートナー会社が7社あります。
そして、現在、世界レベルでパートナーを募集しています。さらに、その事業範囲は航空会社から旅行会社、
レンタル会社、タクシー会社へとサービス展開を拡大する方向に進んでいます。

  

Posted by 株式会社レイザス企業開発研究所 at 13:45Comments(0)・・・