プロフィール
株式会社レイザス企業開発研究所
株式会社レイザス企業開発研究所
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 9人

2006年03月23日

新しいスタンド広告サービスThe Profit Center

人の集まる場所に名刺、カタログ、パンフレット等を置き、人々に無料で自由に取ってもらいお客様獲得をめざすスタンド広告サービスTHE PROFIT CENTERが成長しています。このサービスモデルは広告依頼主、THE PROFIT CENTER運営者、このサービスを提供する会社UAIから成り立っています。広告依頼主は旅行業者、保険会社、不動産会社、会計士、各種ショップ等、PC運営者はホテル、レストラン、カフェ、理美容店、オフィスビル、ショッピングセンター、駅等の人が集まるスペースを持ったり、確保したりできるところです。UAIはこのサービスの仕組み・ノウハウを売る会社です。名刺、カタログなどを並べるデスプレイ什器はスタンド型と壁掛け型の2タイプがあります。サイズは幅28インチ、高さ24インチ、奥行き2.5インチで、スタンド型の場合高さが56インチである。このスペースの中に広告別のコンパートメントを人々が取りやすいように作られている。広告料金は標準名刺で10ドル/月、パンフレットで30ドル/月です。運営者の年間収入は標準でデスプレイ1台当たり5000ドルであり、運営台数が多ければ多いほど年間収入は大きくなります。初期の設備投資はクレジット支払を利用すれば1ヶ月間の広告収入でまかなえるため現金支出はゼロです。設置場所の適切性判断はUAIがし、広告依頼主確保はコミッションベースの営業マンに委託すると同時にUAI運営のWEBサイトサービスでされます。広告依頼主は対コスト効果で判断してTHE PROFIT CENTERを高く評価しており、依頼主確保の問題はないのが現状です。必要人員は設置台数が一桁台の場合は不要です。100台設置運営、月2回のメインテナンスでパートタイム1人で対応可能です。人々にとって待ち時間は苦痛で、その時ビジネス上、生活上建設的な情報を提供されれば非常に有難く思います。THE PROFIT CENTERへ手が伸びるのは必然的です。そして、広告依頼主は自分達の提供する商品・サービスの紹介と5-50%のデスカウントサービスを提供します。
人々、広告依頼主、運営者、サービス提供会社の4者全てにとってメリットのあるTHE PROFIT CENTERはユニークな超低リスク高リターンのビジネスモデルでしょう。  

Posted by 株式会社レイザス企業開発研究所 at 13:27Comments(0)・・・

2006年03月08日

欧米で人気あるon-the-go rental busine

旅行や出張の移動中に空港や駅での待ち時間を利用して手続きし乗っている時間だけ借りられるDVDプレーヤー、ヘッドホンとソフトのレンタルサービスが人気となっています。このon-the-go rental businessを鉄道で展開しているのがフランスのCINETRAINであり、航空ではアメリカのINMOTION PICTURESです。CINETRAINはフランス鉄道のSNCFをパートナーとしてParis-Marseille間のTGV開通時にビジネスをスタートさせました。それ以降現在までにリヨン駅など8駅にスタンドを設置し今年中に15駅に店舗を増やす計画です。約400本のDVDカタログから1本選び、プレーヤー、ヘッドホン一組セットで9.95ユーロです。クレジットで支払い、到着駅で返却します。利用客は老若男女を問わず幅広い。利用客数は現時点で一店舗当り平均で年間2万人レベルです。航空のINMOTION PICTURESは1999年にアメリカでビジネスを開始しました。オレゴン州のPortlandとミネソタ州のMinneapolisで開始し現在はニューヨークからカリフォルニアまで全米の30の主要空港にカウンターを設置し事業を展開し、5年以内に全米で150の空港に拡大する計画です。サービス内容は片道、往復、空港内、ソフトのみ、の4種類です。DVDプレーヤーは5インチプレーヤーと7インチプレーヤーとありそれぞれ一日12ドルと15ドルです。ソフトは約200タイトルの中から選べ、2本目からは一本追加ごとに4ドルです。返却は24時間返却箱に入れます。カウンターは6:00-22時までオープンしています。
鉄道や飛行機を使って旅行や出張をよくする人のon-the-go rental サービスへの需要は今まで顕在化しなかったものです。それを現在顕在化させつつあるのがCINETRAIN及びINMOTION PICTURESです。CINETRAINはまずフランスでのマーケットシェアを確保し、その次は鉄道網が進んでいるヨーロッパ全体でのシェア確保を目指しています。一方INMOTION PICTURESは航空がメインであるアメリカでのマーケットシェア確保に現在は集中しています。その後、INMOTION PICTURES及びCINETRAINは事業のグローバル化を進めてくるに違いありません。日本では鉄道が進んでおり、現在顕在化していないon-the-go rentalサービスはビジネスポーテンシャルがあるでしょう。  

Posted by 株式会社レイザス企業開発研究所 at 19:14Comments(0)・・・