プロフィール
株式会社レイザス企業開発研究所
株式会社レイザス企業開発研究所
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 9人

2006年01月31日

世界的に広がるスペースレンタルビジネスとは・・・・

自宅や事務所に入りきらない衣類、日用品、書類などを収納するスペースをレンタルするビジネスが拡大しようとしています。梱包の箱・材料を無料で提供し、梱包を助け、収納物を運搬し、レンタルしたスペースへ収納するビジネスはニューヨークから始りアメリカでは大きなビジネスに成長しようとしています。日本でも最近幾つかの会社がこのビジネスを開始しました。スペース レンタルビジネスの現況と市場性を以下見てみましょう。
アメリカではこのビジネスの代表はMMS(Manhattan Mini Storage)とCCS(City Closet Storage)です。MMSはManhattanを中心に13のレンタルビルを持つ最大手の会社であり、そのサービスの種類と質は全米NO.1です。収納専門家による収納計画等無料アドバイスサービス、収納ビルの下見案内サービス、梱包箱・材料及び梱包の無料サービス、自分で必要収納スペースが簡単に計算できるspace saver calculator サービス、荷物のピックアップ・運搬サービス、希望の場所への送り届けサービス、運搬車の無料レンタルサービス、厳重なセキュリティサービス(コンピーター化されたパーソナルカード、ビデオ常時監視、住み込み防犯管理者、レンタル契約者だけのキー保有、等)、年中無休24時間営業サービス、などです。レンタルビルは約2000セルに分かれており、個人用とビジネス用スペースがあります。レンタルフィーは一番小さい個人用スペースで月間29ドルで、サイズにより料金設定されています。MMSの最大の特徴はレンタル利用者がレンタルしたスペースを物だけの収納場所のみならず他の用途に利用できることです。収納場所はクリーンで冷房も効いており、まるで住むアパートのような部屋作りがされていることです。ロビー用のカプチーノバーやプライベートミーティング用のスペースも設置されています。その為、レンタル利用者は、一人でリラックスしたり、仕事の準備をしたり、マジックの練習をしたり、服を着替える場所にしたり、アンティークのギャラリーにしたり、いろいろの用途に利用しています。ただし、部屋で寝泊りしたり、飲食は禁止されています。MMSは単なる収納場所から週末などに一人で自由気ままにリラックスできる第二の自宅として評価されニューヨーカー達の間で人気を博しています。一方、CCSは「price beater plus guarantee」をモットーとした価格面のメリットを前面に出したpick-up and delivery storage 会社です。MMS程のサービスは無く、収納計画サービスとピックアップとデリバリーサービスがメインです。ただし、MMSと違ってピックアップとデリバリーサービスが無料であるということです。収納ビルはニューヨークにQueens等の5ヶ所あり、セルの種類は9種類あります。値段は月間49.99ドルからで、最初の3ヶ月は無料です。
日本でもこのスペース レンタルビジネスが幾つかの会社により導入され始めました。押入れ産業が都心で1.2-4.5?にオフィスフロアを区切り1?当り約5千円で販売、あっという間に売り切れになりました。当社は2006年度までに山手線沿いに50店舗の計画をしています。京王電鉄は高架下の遊休地を使いサービスを開始、駅周辺に住む住人に好評で現在は空き待ち状況です。衣類、家財などの個人向けに的を絞ったサービスを開始した寺田倉庫は需要拡大に対応すべくフランチャイズで事業拡大を目指すようです。月島倉庫は最低保管料が一日10円の小口・短期預かりサービス「Day-SOKO」を開始しました。ホームページで利用申し込みを受け、クレジットでの前払い、宅配便で当社に送ることを基本としています。
利用料金の分かりにくさ、収納物の破損責任、など問題を抱えつつもアメリカ、日本でも市場が拡大しています。特に日本では急速に市場が拡大しており、需要が追いつけず今後新規参入が増大するでしょう。それにつれて、MMSのごとくいろいろのサービス内容をもつ会社が出現してくることでしょう。荷物を預かることで「空間」を提供するスペース レンタルサービスはニューヨーク、ロンドン、東京、アジア諸国など世界のメトロポリスで益々必要とされてくるでしょう。近い将来、スペース レンタルサービスをフランチャイズ方式でグローバルに展開する会社が出現するでしょう。残念ながら、今そういう会社は現れていない。それはあなたかも知れない。

  

Posted by 株式会社レイザス企業開発研究所 at 14:58Comments(0)・・・

2006年01月24日

現在脚光を浴びているKiosk Retailingとは・・・

各方面からKIOSK RETAILINGが現在脚光を浴びています。いろいろな施設・建物の眠っている空きスペースの有効利用のため、メーカーの新商品のマーケッティングリサーチのため、政府が積極的に進めている創業者創出のため、など大いに役立つ手段として捉えられつつあります。以下、KIOSK RETAILINGの意義を見てみましょう。
KIOSK RETAILINGを一番積極的に展開しているのはショッピングセンターである。ショッピングセンターの中には注意して見てみると眠っている小さな空きスペースが多くあることが分かる。ショッピングセンター側は次のような目的でKIOSK RETAILINGを活用する。一つは空きスペースを貸し収入を得る、二つはSWEET FACTORYのごとく可動式KIOSKを配置することによりセンター内をビジュアル的にエキサイティングな雰囲気にする、三つはセンター内のretail mixを定常的或いは季節的に補完し商品・サービス力をより強化する。
鉄道会社もまた積極的にKIOSK RETAILINGを展開する。毎日多くの乗客が通る駅構内は最大のターゲットエリアとなる。駅構内の眠れる小さなスペースを従来の売店と違って流通サービスの拠点として活用する動きが出てきた。東武鉄道はこの度ポスター掲載やイベントスペースとして活用できる広告媒体として「Round Wide Board」を各駅に設置した。借りる側にとっては単なる広告媒体というだけでなく、商品の売上に直結する販売促進スペースとして活用する。
メーカーにとってもKIOSK RETAILINGはマーケッティング上重要な手段になりつつある。新商品開発のための市場調査・テストマーケッティングや店を持つことが正当化できないニッチ市場への商品の販売に活用できる強力な手段になる。
これから起業を始めようと考えている人にとってはKIOSK RETAILINGはこの上なく有難い。ショッピングセンターのように多くの人がいる場所で、投資額20-100万円で始められリスクも非常に低い。一つの商品や新しい業態をテストでき、消費者に受け入れられれば大きくビジネスが展開できるようになる。
このようにKIOSK RETAILINGが脚光を浴びる中注目すべきことが二点ある。一つは、Speciality Retail Storesのごとくkiosk-concept sellerの登場である。kiosk-concept sellerとは
新しいkiosk業態の開発・販売する会社である。多数のkiosk店舗を自営・フランチャイズする、代表としてHAIRDIAMOND, SWEET FACTORY,COOKIES IN BLOOMなどが挙げられる。他一つは施設などの所有者とkiosk開店希望者とを結びつけるサービスビジネスの出現である。商業施設やオフィスビルなどの眠っている小さなスペースを探し出しデータベース化し仲介する。日本でもこのサービスを展開する会社が出現した。
kiosk retailingはアメリカンコンセプトであり、アメリカでのkioskの市場規模は現在100億ドルで大きい。今後とも成長が期待されている。KIOSK RETAILINGは社会的、商業的メリットを持つと同時にkiosk関連の新しいビジネスモデルを生み出している。このkiosk分野において新しいビジネスモデルとして貴方の国で展開してはいかがでしょうか。  

Posted by 株式会社レイザス企業開発研究所 at 16:18Comments(0)・・・

2006年01月18日

ドイツで見つけたCall a Bikeという新ビジネス・・・

現在ドイツで普及している新ビジネスがCall a Bikeです。このビジネスは街のいたるところに置いてある自転車を24時間いつでも借りられるシステムサービスです。
システムはこうである。まず借りたい人は自転車に書いてある番号に電話する。そして、クレジットカード支払いを伝えるとロック番号が即座に教えられる。その後、自転車のロックデスプレイにその番号を打ち込むと開錠され使用できるようになる。使用期間はその時決める必要はなく好きなだけ使用できる。使用後にデスプレイ上で返却ボタンを押し、返却電話をかける。返却場所はいたるところにある最も近い返却場所に返すことができる。使用料金は一分につき6 cents、一日24時間で15euros、一週間で60eurosである。支払いは後日クレジット引き落としとなる。すべての自転車の場所はサテライト通信で管理されており、盗難にあってもすぐに見つけることができる。また、街で自転車を見かけない場合は、指定の電話番号に電話するとレンタルサービスセンターが自転車の場所を教えてくれる。
現在ドイツのberlin, frankfurt, cologne, munichの4つの主要な市でサービスがおこなわれており、近い将来その他の市へも拡大されでしょう。日本でも自転車はよく利用されており、このビジネスは良いかもしれない。  

Posted by 株式会社レイザス企業開発研究所 at 18:12Comments(0)・・・

2006年01月06日

異色の成長新業態Charity Shopとは・・・

チャリティという資金集めの方法においてCHARITY SHOPという手法が大きくクローズアップされています。従来はイベント的なチャリテイ募金方式が一般的ですが、CHARITY SHOPはビジネスをしていく中で定常的にファンドレイジングするというすばらしい方法です。この手法はイギリスで拡大しています。2003年のCHARITY FINANCE SURVEYによりますと、イギリス全体で6500のCHARITY SHOPSがあり、年間売上高433 millionsポンド、利益額95 millionsポンドです。この利益額95 millionsポンドがCHARITYファンドとなりました。以下幾つかのCHARITY SHOPSを見てみましょう。
イギリスで現在一番大きなCHARITY SHOPは癌研究のための資金を稼いでいるCANCER RESEARCH UKが運営するカードを中心としたギフトチェーンであるWISHESである。店舗数12店を持ち毎年数店舗を出店している。いわゆる民間のギフトチェーンCLINTON CARDSやPAPERCHASEと競合する中店舗デザインを中心に差別化を図り毎年15.5millionsポンドの利益を上げ癌研究費として活用している。公正連帯商品やオーガニック商品を扱うCAFE PROGRESSOがある。PROGRESSOはさらにブックストアやミュジジックショップも経営し、貧しい人や病気の人を助けるための資金作りをしている。昨年は18millionsポンドの利益をあげた。THE SALVATION ARMYはホームレスの苦境を救うという目的でオランダのファッションブランド50/50の販売をしている。「People need each other and nobody should be excluded from society」をスローガンとしてアムステルダムのBIJENKORFなどの有名百貨店等で社会的良心を強く持つ若者達をターゲットに販売している。またDAKLOOSは世界の5500ホテルと契約し、internet booking sitesを運営し、その収益をホームレス支援に贈与している。その外、高齢者を支援を目的にインテリア雑貨ビジネスをするSCOPE、本・雑貨を扱うBRITISH HEART FOUNDATION、などが有名である。
このCHARITY SHOPのビジネスモデルは4つの点で特徴づけられます。ひとつは、全体に占める割合はビジネス内容によるが寄付された商品で構成されている、二つめは従業員の中にボランティアが多くいる、三つめは売上や利益において政府から税控除される、最後に利益がその目的の支援に使用されることです。CHARITY SHOP モデルはイギリスでは現在ひとつの社会的ポジションを獲得しつつあります。消費者の立場からみれば、CHARITY支援や価格が安いため利用する人がほとんどです。CHARITY SHOPで買い物をすることにより支援していこうという考え方がひとつのライフスタイルになりつつあります。一方、競合になる既存小売業等は税控除があり、競争上不利になるその不当性を政府に当初訴えていました。しかしながら、CHARITY SHOPSの社会的貢献を認識させられるにつき消費者と同じくその存在価値を評価しはじめ、現在ではショッピングセンターや商店街はCHARITY SHOPの誘致をする方向に動いています。このCHARITY SHOPモデルは今後世界の一つのトレンドとなることは間違いないと考えられます。貴方の国でもCHARITY SHOPが近々出現し、「良いことをしよう」と考えている企業家やマーケッティングマンによってCHARITY SHOPが社会的ポジションを確保することでしょう。



・世界から毎月3つの日本にない新しいビジネスを紹介するサイト
→「Dr.Kudos GLOBAL NEW BUSINESS IDEAS」
・3年以内に創業、起業を計画している人のためのクラブ
→「Founder Club」  

Posted by 株式会社レイザス企業開発研究所 at 12:33Comments(0)・・・