プロフィール
株式会社レイザス企業開発研究所
株式会社レイザス企業開発研究所
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 9人

2005年09月30日

世界初の携帯電話呼び出しサービス・・・・・

LONDONで世界初の革新的な携帯電話タクシー呼び出しサービスがJINNGO TAXIにより開始された。当初は400台のタクシーから開始し、ロンドン市民に評価され現在は3000台に拡大しロンドンでのタクシーの利用の仕方を大きく変えようとしている。
その呼び出しサービスの仕組みは次の通りである。まず、お客様が自分の携帯電話で08700 700 700の番号にかける。するとJINNGOのIVRシステムにより携帯電話会社のLBS技術を使用しお客様の現在いる場所を確認する。そしてほぼ同時に、お客様の場所に最も近くにいるJINNGOタクシーをGPS衛星システムを使って見つけ出し、お客様の携帯電話とタクシーに設置されているハンドフリーの携帯電話とコネクトする。そして、お客様とタクシー運転手が直接話しをして何処でピックアップするか、その時間などを決める。お客様電話がタクシー運転手につながるのに要する時間は数秒である。そして、お客様とのピックアップの打ち合わせが済んで数分でタクシーは到着する。この呼び出しサービスのメリットは、自分の携帯電話から数秒でタクシー運転手につながりピックアップなどの話しが直接できるという容易性、タクシーを見つけるために通りに出なくても自分のソファー、オフィスなどどこからでもできるという利便性、数分で到着するという迅速性、夜中でも雨の中でも道に迷った時でもできる安全性、運転手との約束のあと変更等したい時は何時でもその運転手を呼び出し話ができるという柔軟性、等である。タクシー代は通常のメーター料金にそのサービス料として1.4ポンド(約US$2)上乗せされる。
現在ロンドンには許可を受けたタクシーが20000台超走っている。JINNGO TAXIはここ3年以内にそれらの60%にこの呼び出しサービスシステムを導入させる計画で進めている。そのために、JINNGO TAXIは無料でそのサービスシステムキット(ハンドフリー携帯電話を含めて)を提供することを開始する。JINNGO TAXIの収入は各タクシーからの週15ポンドの固定料とお客様からもらうサービス料1.4ポンドである。当初、お客様が使用できる携帯電話はVODAFONE等に限定されていたが現在はT-MOBILE、O2、ORANGEなどほぼ網羅している。JINNGO TAXIはロンドンでの成功を受けて、まずヨーロッパ全域にその呼び出しサービスビジネスを拡大し、その後アメリカ、アジアへと拡大する計画で進めている。日本を含むアジアでもそのタクシー呼び出しサービスが近い将来お目見えしライフスタイルの一つとして根付く可能性は大きい。



・世界から毎月3つの日本にない新しいビジネスを紹介するサイト
→「Dr.Kudos GLOBAL NEW BUSINESS IDEAS」
・3年以内に創業、起業を計画している人のためのクラブ
→「Founder Club」  

Posted by 株式会社レイザス企業開発研究所 at 15:27Comments(0)・・・

2005年09月19日

新業態 トラベルカフェとは・・・・

去年に当社の顧問先の会社と立ち上げた新業態があります。それはトラベルカフェという業態です。顧問先は貸切バス等を営む旅行会社です。価格競争の激しい貸切バスから大きく経営方向の転換、いわゆる第二の創業に取り組んでいます。現在生む苦しみを味わいつつ一歩一歩目標の姿に近ずいています。ここでトラベルカフェ新業態において世界ではどういう動きがあるのか、その業態開発のkey for successは何か、私がまとめたものを紹介しましょう。
現在一つの新しい業態としてTRAVEL CAFEが世界的に注目を浴びはじめている。世界で今注目されているTRAVEL CAFEはフランスとカナダに展開するWCMである。WCMは世界のベストトラベルエージェントとして評価され、2年前にTRAVEL CAFEをオープンした。そのCAFEコンセプトはホリディスピリットを実現するスペ−スを提供することである。ホリディ向けの服、サングラス等の身の回り品を中心に扱うla boutigue、トラベル情報を発信・提供するle libraire、飲食スペースとしてのle cafe Itaparica、barやレストラン、世界のいろいろなショーを楽しめるfull-sized theatreから成り立ち、これら全てのコーナーの商品・サービスがトラベルをベースに作られ、有機的に結合されている。
WCMは比較的大規模のTRAVEL CAFEであるが、PARISにある「Travel Cafe」は小規模店舗であり、世界のサンドイッチやドリンクを提供するbar、トラベル情報やカタログを提供するミニ図書館、internet等のマルチメディアを提供するWEBコーナー、等から成り立っている。
日本でもTRAVEL CAFEを展開しょうとする動きが出てきている。一つは、昨年7月に東武鉄道のふじみ野駅にオープンした「TRAVELs GLOBAL NEW BUSINESS IDEAS」
・3年以内に創業、起業を計画している人のためのクラブ
→「Founder Club」  

Posted by 株式会社レイザス企業開発研究所 at 00:17Comments(0)・・・

2005年09月02日

香港への進出・・・・

私が創業して4年目に香港へ進出しました。その目的は店舗出店、アジア地区での商品調達、経営コンサルティング事業の展開です。香港はアジア地域では地理的に真ん中に位置しアジアのどの国に行くにも便利であるし、世界各国の企業が集まり金融等の中心であるためアジアの拠点としてベストであるとの判断でここにLAZAS HONG KONGという会社を設立しました。香港の商業中心はコーズウエイベィ、ティムサーチョイ、モンコックでこれらに3店舗を作りました。進出当初は好調でしたがSARSが発生し業績が悪化静かにしていましたが、その問題が解決後今度は賃料の値上がりに直面しています。これらの場所では一坪50万円/月でしたが現在は2倍近くの100万円になりつつあります。
香港進出では非常に苦労しましたが同時にいろいろの事も多く学びました。誰も知らず裸一貫での進出、自分一人ですべてしたため本当に苦労しました。日本での創業と違って、ビジネス環境、人、商習慣など全く違うため毎日毎日が苦闘の連続でした。一方で仕事のやりがいさ、いろいろのHONG KONG PEOPLE(香港人は自分達をこう呼び、中国本土の人をCHINESEと呼び区別し自らを自負しています)と知り合いになれました。彼らは世界企業にもまれた本当に優秀な人々です。女性も独立しとても優秀です。当社のLAZAS香港のマネージャーも女性です。すべて任せています。
創業をめざす方に参考意見としてお話すれば、日本国内での創業のみならず海外での創業を考えてみるのもとても良いのではと思います。日本で新しいビジネスをしょうと思っても中々良いビジネスを見つけることは現在とても難しい状況です。それなら日本では何処にでもあるビジネスでも海外の国へ行けばポーテンシャルのあるニュービジネスに簡単になるのです。日本で成功したビッグビジネスをそのビジネスのない国で創業する、成功する可能性はとても高いと思います。要はどんなことが起ころうがやり抜く意志次第です。海外での創業、選択肢として考えてみてはいかがでしょうか。



・世界から毎月3つの日本にない新しいビジネスを紹介するサイト
→「Dr.Kudos GLOBAL NEW BUSINESS IDEAS」
・3年以内に創業、起業を計画している人のためのクラブ
→「Founder Club」  

Posted by 株式会社レイザス企業開発研究所 at 13:47Comments(0)・・・