プロフィール
株式会社レイザス企業開発研究所
株式会社レイザス企業開発研究所
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 9人

2010年06月24日

Smart Energy Glassとは・・・

オランダのPEER+は太陽エネルギーを作り出す窓ガラスを開発し、オランダにおいてパイロットランをしている。窓は建物のエネルギーを発散させると同時に太陽エネルギーを取り込むことが可能である。そのエネルギー発散を防止すると同時に外からの太陽エネルギーを蓄え使用することを目指している。
SmartEnergy Glassは幾つかの色があり、dark, brightとprivacyの三つの切り替えモードがある。それらモードの使い分けにより、光の通りを分散したり、太陽エネルギーを直接使用したり、グリッドに貯蔵することが出来る。Privacyモードはエネルギーを最も多く作ることが出来、Brightモードは最も少ない生産モードである。SmartEnergy Glassは新しいエネルギー源になる商品となろう。

(参照: www.peerplus.nl)
  

Posted by 株式会社レイザス企業開発研究所 at 00:46Comments(43)

2010年05月07日

携帯電話自動充電サービスPowerKissとは・・・

携帯電話の充電は面倒な事と多くの人は考えている。出来るだけ簡単に、究極的には何の手間もかけずに済ましたいと考えている。この問題解決の一つとして、フィンランドのPOWERKISSは無線充電能力を持つ日常的な家具による方法を開発した。

POWERKISSの技術は二つから成り立っている。机等の家具に組み込まれた充電トランスミッターと携帯電話にプラグインされるリシーバーである。携帯電話に充電するために、小さなリシーバースティックを携帯電話に差し込み、その電話機をその机等の上に置く。そうすると、そのトランスミッターとリシーバーが共鳴し、共に働きだして充電を行う。

このPOWERKISSの充電パッケージは既にいろいろな会社の会議室、喫茶店、空港等に置かれ使用されている。

現在POWERKISSは携帯電話メーカーに対して、無線充電能力機能を持つ電話機を作ることを提案している。同じくインテリアメーカーにもトランスミッターを組み込んだ家具等を作ることを提案している。これが実現すると、携帯電話使用者は何の手間もかけずに、知らないうちに充電が出来ることになる。近い将来汎用化されるであろう。

参照:www.powerkiss.fi  

Posted by 株式会社レイザス企業開発研究所 at 12:55Comments(71)

2010年03月21日

「世界を変える」ONE BILLION MINDSとは・・・

インドのカルカツタでS.K.SAHA氏がONE BILLION MINDSというユニークなサービスを開発展開している。これはいろいろな解決すべき社会的や企業的問題を持つNPOや企業と問題解決をはかる学者等を結びつけ、それら問題を解決をするサービスである。
ONEBILLION MINDSは世界中の大学の先生、学生を登録し、彼らに現実問題の革新的解決にチャレンジしてもらうのである。子供たちのための1ドル教材開発、カルカツタのガーべッジ廃棄問題、など世界中のいろいろな問題に取り組む。ソーシャルイノベーション、デザイン、エンジニァリング、サイエンス、テクノロジーの分野のチャレンジである。
ONE BILLION MINDSのミッションは、世界中の大学にいる人達を動員して世界的のいろいろな問題の解決にチャレンジする、解決すると依頼組織から報奨金を貰う、そして最終目的であるChange
The World(世界を変える) ことである。
世界の問題解決を世界の大学の頭脳をweb上で結びつけ解決を図り、世界を変えるサービスは画期的である。

参照: www.onebillionminds.com


  

Posted by 株式会社レイザス企業開発研究所 at 14:00Comments(84)

2010年02月19日

人々の歩行を電気にコンバートする商品とは・・・

都会の歩道では毎日何百万の人々が歩いている。この歩きが発生するエネルギーを電気に変え、利用するラバーマットがイギリスのPAVEGEN SYSTEMSが開発している。このラバーマットの上を人が歩くと5mm程マットを押え込む。この小さな動きを利用し、その運動エネルギーを電気に変え、そのマットに蓄える。その集めた電気の5%をそのマットled glowを照らし電気が発生していることを人々に知らせる。残りの電気は歩道灯、情報デスプレイ、等に使用される。このPAVEGENの特許テクノロジーは歩道の他、階段でも使用できる。
現在ロンドンで実験がなされている。近い将来この商品はエコ貢献商品として有望である。
参照: www.pavegensystems.com
  

Posted by 株式会社レイザス企業開発研究所 at 00:27Comments(54)

2009年12月20日

ソーシャルビジネスモデルTravel Cafe とは・・

現在、私は一つのSocial Business Modelへの取り組みをしています。 「Travel Cafe 」です。

経済発展途上国・低開発国の貧困に対して各種支援活動が行われています。政府レベルでの援助、ボランティア団体の支援、等です 。企業レベルでもCSR(Corporate Social Responsibility)活動が拡大しています。これら支援の性格を見ますと寄付的・贈与的なものが主流となっています。これら性格の支援は非常に重要です、その一方で持続可能な支援手法の必要性が強く叫ばれています。自らがビジネスを行い、その活動過程及び利益によって支援を持続的に展開する、いわゆるSocial  Business(社会貢献ビジネス)展開による支援が非常に期待されています。私のは貧困解消に貢献する一つの新しいSocial  Business  Model  Travel Cafeの開発・導入とチェーン化のための計画策定に取り組んでいます。取り組み対象地は中国雲南省です。雲南省の省都昆明を離れると貧しい地域が広がっています。隣の四川省、貴陽省も省都を離れると全く同じ状況です。現在中国は年間10%の経済成長をしていますが、所得の格差は広がるばかりです。雲南省はベトナム、ラオス、ミャンマー、インドなどに接しています。これらの国々も同じく貧しい地域が広がっています。雲南省は、上海を中国の東の玄関口とすれば、西の玄関口です。私はこの地理的性格を持つ雲南省で貧困解消に貢献するビジネスはないか常に考えてきました。私は中国の観光資源の豊富さに驚きました。雲南省を見ても世界遺産に登録された場所が幾つもあります。それ以外にも多くの観光資源があります。その時、観光にスポットを合わせた、貧困解消に貢献するSocial Businessがきっとあると確信しました。その間に、ある一つの貧困解消に貢献するSocial  Businessが形作られてきました。それがTravel  cafeです。Travel  Cafeのビジネスコンセプトを考える上で重要となる、貧困解消に貢献する視点はどういうものかをまず明確にする必要があります。私は次のように考えています。
   1.地域の発展に貢献すること。
     観光ビジネスを通して、広く知らしめ、地域に社会的・経済的貢献をすること。
   2.地域の特産物の販路拡大により産業を育成することに貢献すること。
     Travel  Cafe でのフェアトレードの展開。
   3.地域雇用の拡大に貢献すること。
     貧困地域の人々に職を提供し、人材づくりをすること。
   4.利益は地域の学校教育と人間的発展及び企業・産業育成に使用されること。
     奨学金等を通して人づくりを体系的に(小学校から大学院(海外留学も含め))実施する。また、マイクロファイナンス的支援を実施する。
   5  Travel  Cafeのミッションに賛同する支援者の組織化・ネットワーク作りとその人達による貢献。

 現在、私はTravel  Cafeのめざす姿を構想しています。Travel  Cafeは日本と雲南省に同時設置する。商品サービスとして、1旅行ビジネス、2情報提供サービス3喫茶サービス4. 物販、の商品部門構成、場所としての店舗政策、これらの他、立地戦略、価格・広告宣伝政策を含めたマーケッティング戦略の詳細な検討をしています。さらに、日本と中国をまたがるビジネスのため、その経営管理体制、組織・コミュニケーション戦略、情報戦略、人の採用・教育訓練等の人事戦略、資金はどうするのか等の財務戦略、等をチェーン化も念頭において検討しています。
今後グローバルレベルで必要とされる社会
に貢献するソーシャルエンタープライズ、その一つのニューモデルとしてのTravel  Cafe実現化を目指しています。  

Posted by 株式会社レイザス企業開発研究所 at 14:45Comments(41)

2009年10月20日

貧困地域に貢献するpeepoo bag・・・・

全世界の40%にあたる約26億人の人々がトイレを使用出来ないでいる。そのため、いろいろの場所にするため生活環境が非常に悪い状態にある。その地域では水汚染により15秒に1人が死亡している。この社会課題解決に向けて商品化されたのが人間の排泄物を肥料に変えるPEEPOO BAGである。SWEDENのPEEPOOPLE社がトイレを持たない人々のために、個人用で、ポータブルかつローコストの簡易便器として開発した。このBAGは14X38cmのサイズで、排出物が汚染しないような多層構造になっている一回限りのバイオプラスティックバッグである。座る、かがむ、立つのポーズで使用できるようになっている。使用されたバッグは24時間防臭され、土地の中に埋めることが出来る。2-4週間後、その排出物は高品質の肥料に変わる。そして、貧しい地域の住民にとっては販売すれば個人或いは村の一つの収入源にもなる。現在、インドとケニアでテストマーケッティングが行われている。PEEPOO BAGは貧しい多くの国々の人々にとって生命の危機を低くする、直ぐにも有効な商品である。フランスのダノンによる貧困国向けのヨーグルト、マラリア地域への蚊等の虫よけネット、それからこのPEEPOO BAG、など貧困地域に貢献する社会課題解決型商品、いわゆるSOCIAL GOODS がグローバルレベルで出始めている。最近注目されているSOCIAL BUSINESS、それに関連したSOCIAL GOODS市場はポーテンシャルある市場となろう。(www.peepoole.com参照)  

Posted by 株式会社レイザス企業開発研究所 at 01:21Comments(50)

2009年08月25日

新しい広告媒体サービスEveryday Models・・・

「1つの広告から多くの人達へ」形の従来の広告方法から「多くの人から多くの人達へ」の新しい広告方法を提案サービスしているのがEveryday Modelsである。
この広告方法は、一般の人々の日常生活におけるいろいろの生活局面を広告媒体として使う。人々の服、車、家、オンラインプロファイル、等を広告媒体として使わしてもらい広告するということである。広告媒体として広告業者に貸すのである。それに対して、賃料を収入として受け取る。
この仲介サービスをインターネット上で提供する。 このサービスに参加するには、承認も不要でEveryday Modelsのホームページ上で自ら登録すればよい。30秒ほどで出来る。自らのプロフィールと広告スペースをPRすればよい。自分が持ついろいろなスペースを明示する。これらの情報を広告クライアントが見て、クライアントの広告キャンペーン等に採用できるスペースを選ぶ。
この「日常におけるヒューマン広告」を開発したのはイギリスの学生であるJ.BROOKNERと写真家のM.GARCIAである。ある人が他人のシャツを着てPRしていることを見たときに閃き、商品化に取り組んだ。このEveryday Modelsという広告媒体は新しく、市場ポーテンシャルを持つサービスモデルである。
www.everydaymodels.co.uk参照  

Posted by 株式会社レイザス企業開発研究所 at 12:14Comments(44)

2009年06月15日

ペーパーレス郵便システムとは・・・

現在の郵便システムの代替システムとして、ペーパーレス郵便システムが開発導入され、送り手には大きなコストダウンになる一方環境にはエコ的であるとして大きく注目されている。このペパーレスシステムを開発したのはカリフォルニアにあるZUMBOXである。現在アメリカ全土で毎月150億枚のペーパー郵便が送られている事実に着目し、これをペーパーレス化することをめざし開発されたものである。
システムの概略は次の通りである。ZUMBOXは住宅、会社等に関して、すべてのストリートアドレスに個々にオンラインメールボックスを作る。送り手はwordやpdfで作成された書類、手紙、等の電子ドキュメントをアップロードし、受け手のストリートアドレスを特定する。その手紙等は受け手のzumboxに送られる。受け手は郵便封筒とまったく同じのイメージをweb上で見つけ、クリックするとその手紙等がオープン表示される。送ることができる書類も、請求書、購買発注書、会計書類、などいろいろの書類が可能である。送り手は希望すればpay button方式による決済システムも使用できる。銀行レベルのセキュリティを導入している。
このZUMBOXシステムの利用は送り手及び受け手にとって無料である。ただし、広告業者には一つのストリートアドレスに付US$0.05、個人には月に50アドレス以上使用の場合同額を支払わなければならない。
(beta.zumbox.com参照)  

Posted by 株式会社レイザス企業開発研究所 at 00:59Comments(53)

2009年05月12日

Flying Foam Logosとは・・・・・

一つの新しい広告媒体として注目されているのがFLYING FOAM LOGOSである。これはヘリウムのような空気より軽いガスとミックスされた石鹸泡によって空に文字や絵等が描かれ、それによって広告するのである。空に浮かぶ広告、FLOGOSという商品名で昨年春に米国アラバマのSNOWMASTERSによって売り出された。
FLOGOSのサイズは12-,36-,48-インチサイズがあり、空の高さ5000フィートで30マイル飛ぶことができる。時間的には40分から1時間その姿をとどめる。そして、跡形も無く蒸発して消えてしまい、非常に環境にやさしい広告媒体である。FLOGOSはlow-eco-impact advertisingのトレンドを示す「ECO-VERTISING」といわれるブレイクスルー広告媒体として注目されている。
FLOGOSのカスタマーは、DISNEY WORLD、MERCEDES BENS、SHERATON HOTELS、リッツチョコレート、などいろいろな企業である。営業拠点はアメリカの他、日本、中国、イギリス、イタリア、オーストラリア、アフリカ、メキシコ、など18ヶ国に広がっている。
参照: www.flogos.net  

Posted by 株式会社レイザス企業開発研究所 at 01:28Comments(46)

2009年03月09日

ユニークなビジネスモデルPONOKOIDとは・・・

ニュージーランドのウェリントンで、消費者が夢見る商品を作る支援サービスを提供しているのがPONOKOです。消費者は自分がほしいと考えるいろいな商品アイデアを持っていますが、それを商品として作るノウハウ等に欠けています。そのノウハウ等を提供し、商品化し、その消費者に提供しているのがPONOKOです。このサービスを機能アップしたのがPONOKO IDです。PONOKOIDの仕組みは次の通りです。
まず、サービス希望者が自分の作ってほしい商品をリクエストする。目的、イメージやスケッチ、使用材料、色、サイズ、使用写真、さらには価格や納期、等の希望を提示する。次に、それを支援してもらうデザイナーを選定する。デザイナーとはその商品をいろいろと検討し、商品スペックを作り上げる。そして、デザイナーとの契約を結び、契約金額をPONOKO経由で支払う。デザイナーはその商品を作るメーカーを選定し、製作に取りかかり、納期どおり完成する。最後に、依頼者は、希望すればその商品をPONOKOのSHOPWEBSITEに無料で載せていただいて第三者に販売することもできる。
依頼できる商品の範囲はブレスレット、時計、インテリア家具、など身の回り商品を中心とする大きくないものであればジャンルは問わない。
PONOKOIDサービスは、デザイナー、メーカー、材料、等を探す難しさをクリアし、自分のほしい自分だけの商品を自分で作りことができる、またその商品を無料のSHOPWEBSITEを通して他の人に販売し収入を得ることができる世界最初のonlineサービスです。PONOKOIDサービスはニュージーランドで注目されているユニークなビジネスモデルです。
(参照website:www.ponoko.com/ponoko-id)  

Posted by 株式会社レイザス企業開発研究所 at 13:25Comments(41)・・・

2009年02月15日

時代を志向した賃貸ビジネスとは・・・・

エコマインドの人々は自分がエコを志向し、またそのことを外部に示すためにグリーンアパート、グリーンホーム、グリーンオフィスに住んだり、使用したりするニーズを強く持っている。このニーズに対応するビジネスを開始したのがGREENRENTERである。GREENRENTERはグリーン建造物の所有者とそれらを借りたいと考えているテナントを結びつけるサービスをwebsiteで提供している。
2008年の中ごろ、GREENRENTERはアメリカオレゴン州のポートランドで商業用グリーンプロパティと住居用グリーンプロパティの賃貸ビジネスサービスを開始した。このサービスではホーム、オフィス、レストラン、小売店舗、等のいろいろのグリーン物件情報を提供している。Google Mapを通して、それらがどこにあるのか、現在空いているのか、などの情報もすぐ得ることができる。それらの物件について、それぞれがどんなエコロジー的物件か説明している。7つのキーグリーンエリア: エネルギー、水、使用ビル材料、オペレーション、物件環境、エコ証明書、その他革新的エコ特徴、においてどのように取り入れられているか説明している。そして、エコ評価基準を設定して、すべての物件のエコ評価をしている。
GREENRENTERはビジネスモデルとしてうまくいくかどうかは未知数であるが、このビジネスフィロソフィーは商品サービスの将来の方向性には合致している。他にも、グリーンビルの販売ビジネス、建築家やデザイナーがグリーンビルを作る際に手助けする情報サービスビジネス、などその方向性を見たいろいろのビジネスが現出している。
(参照: www.greenrenter.com)  

Posted by 株式会社レイザス企業開発研究所 at 16:05Comments(44)・・・

2009年01月15日

ユニークなパーソナルイメージ評価サービスとは・・・

自分が他人からどうイメージ評価されているかを知ることができるサービスを提供しているのがドイツのCHECKYOURIMAGE.COMである。家族、友人やオンライン上の友達の評価は正直なイメージ評価でない傾向がある。「私の妻は私のことをボアリングに見えるという。私自身はプロフェショナルでモダン風と思っているが・・」「私は信頼ができ、フレンドリーと思っているのに、私のボスはクールでよそよそしいと見ている」「私のロングで赤い髪はよく似合っていると思っているが・・・」等。これらの評価を見知らぬ人々にして頂く。正直なイメージ評価を希望する人々は、まず自分たちの写真等をCHECKYOURIMAGE.COMに送信する。そして、第三者に評価してもらう。
CHECKYOURIMAGE.COMは幾種類かのテストオプションがある。25ユーロのベーシックチェック(10のスタンダード評価項目について、50人のイメージテスターが評価する)、49ユーロのオプショナルチェック(前もって設定されているデータベースから20の評価項目を選び、それら一つ一つについて50人のイメージテスターが評価する)、490ユーロのビジネスチェック(自分が評価してほしい項目を提示し、それらについて1000人のイメージテスターが評価する)、という3つの選択がある。それ以外に、一つの無料トライアルオプションもある。
これらのイメージテスターが評価した結果はCHECKYOURIMAGE.COMにログインすればフルレポートを入手できる。尚、.COMはテスターのバランス選定のために、テスターと認定するために事前に彼らの詳細な個人情報をもらい、それに従ってテスターの選定をする。このサービスはドイツでは人気を博している。このモデルは世界に適用できるモデルであろう。(www.checkyourimage.comを参照)  

Posted by 株式会社レイザス企業開発研究所 at 17:32Comments(63)・・・

2008年12月21日

DreamBankサービスとは・・・

お祝いの時などにギフトをプレゼントする従来のやり方とは違った、エコ志向のギフトプレゼントサービスを提供するのがカナダで広がっているDreamBankです。お祝いの時などにプレゼントされるギフトの中にはほしくない、そのため使用されず放置されるものが多くあります。これへの一つの提案として、商品化されたのがDreamBankです。DreamBankとは、18才以上の人達が自分の夢・希望を実現することを支援するサービスです。自分の希望・夢を、DreamBankが提供するwebsite上にポストし、家族、友人、同僚等からギフトプレゼントの代わりにお金を寄付してもらい、そのお金をいただき実現するということです。website上に自分の希望・夢をポストするのは無料ですが、それを実現するための目標金額は20-20,000カナダドルの価値あるものでなければならない。さらに、ポスト1件につき2.25カナダドルとその設定金額に到達するまでの利子は、国境なき医者、アフリカワイルドライフ基金等自分が希望する社会貢献組織等へのチャリティ寄付をしなければならない。その目標金額に到達すれば何時でも引き出すことが出来ます。現在website上に30以上の夢・希望がポストされています。これを支援する金融機関はPayPalとHSBCです。このDreamBankモデルは、自分の希望・夢実現に向けた最も喜ばれるギフトプレゼントであること、ムダになるものを少なくするエコロジー志向であること、そして社会貢献をする、という3つの目的を実現する革新的サービスモデルと言えます。(www.dreambank.orgを参照)  

Posted by 株式会社レイザス企業開発研究所 at 15:30Comments(73)・・・

2008年11月10日

注目されるWEBOOKビジネスとは・・・

アメリカのメリーランドにあるWEBOOKは、本の製作において新しい手法を開発導入し注目されている。一般大衆によるオンライン共同製作というものである。web上にフリーなオンライン製作プラットホームを作り、書く人、編集する人、イラストレイター、リビューする人、等の役割機能を希望する一般大衆が自由に参加し、フィクション物、スリラー物、エッセイ、短編小説、子ども関係の本、等いろいろの本を共同で作っていくというものである。共同製作のために特別にデザインされた共同プラットフォーム上で、そのサイト参加者は新しい本のテーマを立上げ、自分達の思うところは何でも本に入れ込むために文を加えたり、修正したりして完成していくのである。製作は私的であれ、公的であれ、参加者のグループでシェアされる。
WEBOOKは共同制作が順調に進展していくようにプラットホームの維持管理をし、ライブフォーラムや調査ツールの提供をする。本が出来上がると共同製作者はその本を出版する価値があるかどうかの検討に入る。その判断は参加者全員の投票によりされる。出版する価値があると判断された本に関して、WEBOOKが出版するかどうか、そして、印刷本、ebook、或いはaudiobookとして出版するか判断する。その後、WEBOOKは最高品質を保証するため編集人等のプロフェショナルなスタッフを準備する。本はWEBOOK, AMOZANと限定販売者を通して販売される。出版コストはWEBOOK負担、その本の利益の50%が報酬として共同製作者に支払われる。
WEBOOKは去年設立され、今年の2月に最初の本ーPANDORAーを発売した。そして、今後年間3から5つの共同本を出版する計画である。このように、web上にオンラインで一般大衆の知恵を動員し、共同で作り、評価し、出版するというビジネスモデルは注目される。(www.webook.com参照)  

Posted by 株式会社レイザス企業開発研究所 at 15:19Comments(45)・・・

2008年10月08日

BusyBeesNYCのユニークなサービスとは・・・・

ニューヨークに住む両親に、彼らの子どもたちの日常生活のスケジュール化を、それも子ども一人一人にカスタマズ化した日常生活カレンダーサービスを提供するビジネスをしているのがBusyBeesNYCである。家族のためのオンラインウイークリープランナーという独自の技術をベースに当サービスを提供する。年会会費US$499を支払って会員になると、食事、睡眠、勉強、遊び、その他いろいろの活動計画(無料、有料、計画的、drop-in的、イベント的活動からなる)スケデュールが作られ提供される。音楽、スポーツ、クラフト、言葉にフォーカスした四つのスタートパッケージが用意されている。そして、両親のニーズに合うように、それらがミックスされたり、他の活動項目が追加されたりしてアレンジされる。そのスケデュールが両親によって承認されると次は契約調印となる。そして、両親がそれを実行する。オンラインウイークリープランナー技術により、両親はオンラインで毎日の計画が見る事が出来、やるべきことがカラー表示されている。ヘビーシッター等に子どもの世話をお願いしている場合、その毎日の活動計画をプリントアウトして渡すことも出来る。このサービスは現在ニューヨーク市だけであるが、近い将来他の市や州の忙しい家庭へ広げていく計画である。詳しくはwww.busybeesnyc.com  

Posted by 株式会社レイザス企業開発研究所 at 01:36Comments(44)・・・

2008年09月11日

Red Espresso KivaB4BProject

Red Espressoとは紅茶で作られるエスプレッソドリンクである。南アメリカのC.Pretorius氏が開発、販売し、Product of The Year Awardに輝いた商品である。南アフリカで革新的フードとして評価された。Cedarberg Mountainsで野性的に育った、手摘みされ、カフェインフリーで、色、フレバーも良く、特許となった方法で作られ提供される。国内のみならず、海外ではアメリカのオーガニックスパーマーケットとして有名なWHOLE FOODSで販売されている。(www.redespresso.com)
KivaB4BProjectとは、低開発国の起業家に貸し付けるマイクロファイナンス会社Kivaとアメリカの中小企業オーナーをお客のメインとするクレジット会社Advantaが連携して事業展開する社会貢献型ビジネスモデルである。起業してから相当苦労して事業を展開してきたアメリカの中小企業のオーナーが、低開発国でがんばっている起業家に貸し付けて支援するプロジェクトである。低開発国の起業家の中から支援する企業を選び、自分の持っているAdvantaのクレジツカードを通して資金提供する。Kivaはその仲介として貸し付ける。そして、元本と利子を返済してもらい、その後支援した中小企業のオーナーに返す。(www.kivab4b.org)
前に一度紹介しましたイギリスのBlykビジネスモデル・・・無料携帯電話サービス・・・の会員数がビジネススタートから半年で10万人を突破し、入会者数も急増している。イギリスの16-24才の若者をターゲットに、携帯電話無料サービスを提供、その代わりに毎日6広告メッセージを受け取る。Blykはこれらのメッセージ広告をする企業からの広告料で運営する。広告企業はその広告レスポンス率が29%と高く、効率的、効果的かつコストエフェクティブな広告媒体として大いに満足している。イギリスには16-24才までの若者が7百万人おり、このBlykビジネスモデルは大きな成長ポーテンシャルを持っている。(www.blyk.com)

  

Posted by 株式会社レイザス企業開発研究所 at 22:53Comments(42)・・・

2008年08月10日

エコ志向のケイタリングニュービジネス・・・

エコ志向のケアリングビジネスがニュービジネス開発において一つの世界的トレンドとなっている。
幾つかのビジネスケースを見てみましょう。
アフリカのウガンダに55のソーラーパワーキオスクを設置し、無料で携帯電話チャージングサービスを提供するMOTOPOWER。
このサービスはモーとローラ社が世界のローカルマーケットでのシェアー拡大を目的として提供されている。各キオスクは55wattのソーラーパネルから電力が供給され、一度に22個携帯電話にチャージできる。当キオスクでは携帯電話機を購入したり、修理サービス、等ができる。また、電話を持たないローカルな住民には電話をかけられる場所となる。http://www.motorola.com/content.jsp?globalObjectId=8204-11275
ロンドンのGREEN HOMES CONCIERGEは家庭を対象としたエネルギー節電に関するケータリングサービスをする。熱分析機等のデバイスを使って、壁、家庭機器等からのエネルギー漏れの調査・分析をし、節減策の提案をする。家庭機材、等の製品選び、購入先情報提供、等のサービスも提供する。エネルギー削減に向けたコンセルジェ的サービスを継続的にする。http://www.greenhomesconcierge.co.uk/
KEESTAはエコベッド会社である。KEESTAはリサイクルされたスティール、ナチュラルコツトン等のエコ材で作られたべッドマットレスを開発した。さらに、革新的機能として、この大きなマットレスを小さなボックスに圧縮収納を可能とした。収納箱もリサイクルされたカードボード等で作られている。そのため、一人で運んだりできる、扱いやすさを実現した。http://keetsa.com/
ペダルで動くモービルコーヒーサービスを提供するBIKECAFFE。BIKECAFFEはモーター型同業者がサービス提供できない場所、歩行者モール、歴史的施設、等をターゲットとしている。http://www.bikecaffe.com/
ソーラー発電や風力発電等に関するニュービジネスを考えている人にレポート等で情報提供をするFIRSTLOOKがある。http://www.3tiergroup.com/
以上のように、エコに関心がある人々が欲すること、顕在化していないニーズに対するケータリングサービスを見つけ出し、ビジネス化することは起業化に向けた一つの分野であろう。  

Posted by 株式会社レイザス企業開発研究所 at 13:57Comments(45)・・・

2008年07月07日

少し気になる新商品・・・・・・

アメリカのフロリダをベースとするFRANCHILDは5から15才の子供向けミニフランチャイズを展開している。親と一緒にオーガニックソープ、ハチのワックスキャンドル、服、等の商品の中から選んで、ビジネスを立ち上げるフランチャイズである。立上げ費用はUS$25である。加盟するとFRANCHILD COMPANY認証書を取得する。ビジネスカード、マーケティング・営業マニュアルが送られてくる。さらにUS$2払うと自分用ビジネスWEBページを得ることができる。仕組みは一般のビジネスフランチャイズシステムと変わらないが、このシステムの目的は儲けというよりも、貴重なビジネスやライフレッスンを提供する教育的なものである。(www.franchild.com)
イギリスの大学生D.SHERIDANはSEE-SAW POWERという商品を開発した。子どもたちが遊ぶシーソーを利用して電気を作る商品である。子どもたちが5-10分間シーソー遊びをすると一クラスの数時間の電気を賄うことができるというものである。シーソーで作られる電気をケーブルを通して電気貯蔵庫に蓄えられる。電気が必要としているウガンダ等のアフリカ諸国でプロジェクトとして、この方法での電気作りが利用されている。(www.coventry.ac.uk/cu/d/199/a/6110/)
オランダロッテルダムのHUNK-DESIGNは動く草原として人気のあるthe flying grass carpet という商品を開発販売している。縦横58x32mの自然芝を使って作られたカーペットで、ゴルフ、テニス、その他運動等に利用されている。いろいろの色、型等がある。都会生活の中での憩いの場所作りにも大いに利用されている。(www.flyinggrasscarpet.org)  

Posted by 株式会社レイザス企業開発研究所 at 14:37Comments(44)・・・

2008年06月11日

今話題のニュービジネスチップ・・・・

有名ブランドのコラボ商品の一つとして、ADIDASとSAMSUNGによる「フィットネス携帯電話」MICOACHがこの3月ヨーロッパで発売された。ストライドセンサーや心臓脈拍モニターがついた携帯電話である。ワンクリックすると、フィットネス機能にコネクトされ作動始める。そのシステムによりフィットネスレベルが評価され、3つのフィットトネスカテゴリーの内の一つが選定される。そして、ユーザーは自分のゴールを設定する、200種のプログラムをベースにそのシステムのパーソナルコーチがインストラクションを出したり、動機づけをしたりしてガイドをする。その結果は2inchLCDにより燃焼カロリー、脈拍数、等がリアルタイムにデスプレイされる。(www.micoach.com)
今チェコで人気を呼んでいるのがPILSNER UNIQUE BARである。ビールのサーバーがお客様のテーブル、カウンターに置かれ、お客様自身が好きな時に自由に好きなだけついで飲むというスタイルバーである。飲んだ数はそのサーバーについているデスプレイにより表示される。店側にすればスタッフ数を大きく減らすことができる経営メリットがある。グループやパーティ客に特に人気がある。(www.thepubworld.com)
カナダのECHOAGEはユニークなサービスを提供している。子どもたちの誕生日パーティを環境貢献的・慈善的性格を持つセレブレーションに変えるサービスである。まず、パーティを開く計画を持つ両親と子どもは「招待」商品カテゴリーから希望する商品カテゴリーを選ぶ。次に、ECHOAGEが推薦する幾つかの環境貢献或いはチャリティ内容を選らぶ。その後、ECHOAGEは内容が説明された招待状をゲストにe-mailする。ゲストは$10-30のonlineドネイションを求められる。そのドネイション額の15%はECHOAGEの手数料として、残り額の半分は選んだ環境貢献或いはチャリテイに寄付され、あと残りの半分が誕生日を迎える子どもへのプレゼントに使われる。パーティの準備段階から完了までの一連の作業をすべてECHOAGEが行う。このような誕生日パーティは、子どもにとって環境や社会的問題の理解を深めかつ実際に自らが貢献活動したという満足感を得ることができる。一方、ゲストにとってはプレゼントを準備する等の時間とお金をセーブできるメリットがある。(www.echoage.com)
スウェーデンで太陽電池で動くロボット芝刈り機が商品化され人気を博している。芝刈り時間が節約され、ロボットのため指示さえ出しておけば椅子に座ってお茶を飲みながらでできるというコンビニエンス性及び排出ガスもなく、刈った芝生はきめ細かく刈られそのままにしておくと肥料となるというエコフレンドリー性を持つ商品である。(www.husqvarna.com)

  

Posted by 株式会社レイザス企業開発研究所 at 16:50Comments(49)・・・

2008年05月10日

世界に広がるマーケッティングアイデア「FREE LOVE」と

今世界では強力なマーケッティングアイデアの一つとして、「FREE LOVE」の導入が拡大している。「FREE LOVE」とは消費者の注意を引くために「FREE:無料化」を打ち出し、意図する商品・サービスを拡販するマーケッティング手法である。幾つかのケースを見てみましょう。
まず、携帯電話を使った「FREE LOVE」である。ベルギーのブリュセルに拠点を持つPUMBBYは携帯電話に送られてきた広告メールを見たら、その使用者にお金を支払うというサービスを提供している。PUMBBYは毎日幾つかの広告をその携帯電話使用者に広告を送り、その使用者が携帯画面に表示すればその都度0.44ユーロのお金を支払う。使用者はそのお金を銀行口座に入れたり、電話料金から差し引いたり、DVDやチケットなど商品をオンラインで購入したりできる(www.pummby.com参照)。
米国アリゾナベースのPODIOBOOKは本の「FREE LOVE」である。本の無料ダウンロードサービスを提供している。現在184のブックタイトル、3,913エピソード、そして頻繁に新しいものが追加される。そのサイトユーザーは登録すると、すべての本が自由に読んだり、CDに保存したり出来る。シリーズものなら希望する日に送られてくる。サイト登録者数は現在43000人である。このサービスは広告と登録者寄付により運営されている。その額の75%はそれら書籍の作家に渡される(www.podiobooks.com)。このケースと類似したケースとして、話題の本を五分以内で読める形で毎朝7:45amにメールで送る無料ビットサービスをするDAILYLITがある。語学学校のBERLITZと提携して5ヶ国語で送るサービスも提供している。現在100,000人の読者を持つ(www.dailylit.com)。
その他、広告がされた車の無料レンタルをするオーストリアのLAUDAMOTION、現像写真の下側に広告を入れることにより無料現像サービスを提供するフランスのMESPHOTOSOFFERTES、新商品等の無料試食サービスをするTHE SAMPLE LAB、搭乗券を持った旅行者はウィーンの文化施設への入場を無料にするサービスをするAUSTRIAN AIRLINES、など多数ある。
以上のように、「FREE LOVE」のマーケッティングアイデアはビジネス展開する上での最重要部分の一つになりつつある。  

Posted by 株式会社レイザス企業開発研究所 at 14:29Comments(46)・・・